引越し見積もりなら100社へ引越し見積もり! HOMEHOME サイトマップサイトマップ
引越し見積もり!ヘッダー
100社へ引越し見積もり!HOME はじめての方へ 引越し見積もりQ&A 引越しまめ知識 引越しお役立ちリンク集 加入引越し業者一覧 新聞雑誌での紹介事例 携帯電話から引越見積もり お客様アンケート


「100社へ引越し見積もり!」は
オールアバウト掲載サイトです
引越しの質問-TOP5
 1.引越し前の手続き
 2.引越し後に新しい住まいで
 3.引越し後の転居のご挨拶
 4.引越し業者ランキング
 5.引越しの料金
引越し業者売上ランキング
 1.日通の引越
 2.サカイ引越センター
 3.アート引越センター
 4.全国引越専門協同組合連合会
 5.アリさんマークの引越社


お客様の感想

チーム・マイナス6%
梱包上手になろう

荷物の梱包は大変ですが、破損や荷崩れがないよう、事前にしっかり梱包しましょう!

また、使わなくなった物を捨てたり、整理する絶好の機会です!

荷物を少なくすれば、なるべく小さなトラックを利用することができます!

いらないもの、必要なものを上手に分別しましょう!

■荷造りに必要なもの

・ ダンボール箱
・ 一ヶ月分位の新聞紙(割れ物等を包みます)
・ ガムテープ
・ セロテープ
・ 荷造りひも(傘など長い物を束ねます)
・ 太字のマジック
・ 軍手

※ 梱包資材もあると便利です


くわしくはこちらをご覧下さい!







●梱包する順序

荷造りを始めるにあたり、どういったものから箱詰めしていけば良いのかが分からない、という人もいると思います。 要点だけ伝えると『普段使わない、押入れなどに仕舞い込んでいるものから』という基準で選定すると良いでしょう。 具体的に入れていくと便利な順番として、

  • @本・雑誌
  • A作業をしている時点で、オフシーズンの衣類
  • B食器
  • C使っていない布団

と進めると作業がはかどります。 またこの時にいらないものは捨てる、あるいはリサイクルショップに売るなどするとよりスッキリします。 引越しをすると大量にゴミが出てくるものです。 円滑に当日の作業を進行するためには、梱包時から出来る不要品の処分も選別を同時に進めるとスッキリと片付けられます。

出来上がった荷物は、片付けてきれいになったスペースに置いていくと良いでしょう。 部屋を広く使えるようになり、引越し時も当日の作業員がわかりやすくて運び出しもスムーズに行う事が出来るのです。 この時、食器などの『割れ物』はダンボール側面に『ワレモノ』と記載しておくと取扱も慎重に行ってくれます。

荷造りで気をつけたいのは、普段から使用するものを早期に仕舞ってしまわないようにすることです。 パソコンを始めとした、シーズン中に着る服などはギリギリまで出したままにしておくのがオススメとなっています。 また箱詰めするに際して、1つの箱にギリギリまで詰め込むのではなく、自分で持てる重さにしましょう。




■ワンポイントアドバイス

・ ピアノ、大型家具等荷造りが難しい物は業者に頼みましょう!

・ 引越先で取り出すときのことも考慮して荷物に番号をつけ、何が入っているか分かりやすく
  しておきましょう!くわしくはこちら

・ いらない物は処分することも必要です。くわしくはこちら

・ 積み忘れがないように気をつけましょう!くわしくはこちら

・ 出発当日も使用する物はうっかり荷造りしないように気をつけましょう!くわしくはこちら

・ お金等の貴重品は荷物にまぎれないように管理しましょう。くわしくはこちら

・ トラブル防止のために、荷物の積み込み・積み出し時は立ち会い、確認をしましょう。


●荷物の梱包

梱包しておくとよい物…食器、本、衣類、その他生活雑貨

梱包しなくてよい物…大物家電(冷蔵庫、テレビ、エアコン)、大物家具(たんす、ベッド)

※組み立て家具は分解して、部材をひとまとめにしておきましょう!


●ダンボールの使い方

荷造りした中身が壊れないようにするためには、ダンボールの使い方がしっかりしているかどうかも重要なところ。 ガムテープでしっかり、両面で止めているかどうかで強度は大きく異なります。 特にフタと底部分を『H貼り』するなど、しっかりと対策をしましょう。

また荷造り時には『緩衝材』の使用も欠かせません。 ショッピングセンターやホームセンターへ行けば購入できますが、引越し時には『新聞紙』で代用が効きます。 食器を始めとして、壊れて困るものなどに使用します。 洋服などには緩衝材の使用はそこまで必要ではないので、どの荷物に入れておかないといけないのか、その点もしっかり把握するようにしましょう。

業者から支給されたダンボールなどは、基本平均して同じ大きさのものが用意されています。 もしご自身でダンボールを用意するとしたら、大きさに違いのないものを選びましょう。 搬出時に荷台へ隙間を作ること無く沢山載せられます。

◆おすすめできない荷造り方法

ダンボールへの荷造り、特に引越し時ではおすすめ出来ない梱包方法があります。 例えばフタと底を組んだだけの場合、作業中に底抜けを起こしたりしてしまいます。 多くの場合、そうしたダンボールには許容以上の荷物を詰め込んでいたりするのも、荷崩れの原因となりやすいです。 詰め込みすぎないよう、自分で持って重すぎて運びづらいと感じることがない程度まで、そう線引をすると良いでしょう。

引越しを効率良く進めるためには、荷造りからが勝負です。 引越し費用を安くしたいと考えているなら、この荷造りからしっかり準備すると滞りなく進めやすくなります。



さあ、今すぐ引越し費用の節約開始!
引越し依頼コーナー-上
引越し依頼コーナー-左枠
引越し依頼コーナー-郵便番号
〒番号検索
引越し依頼コーナー-都道府県
引越し依頼コーナー-人数
引越し依頼コーナー-右枠
引越し依頼コーナー-下
100社へ引越し見積もり!【運営】株式会社エージェント
Copyright(C)2009 AGENT Inc.,all right reserved.